カードローンの金利・利率の計算方法

カードローンの金利は、利息制限法と出資法によって金利上限が定められています。
利息制限法では、借入額10万円未満は年20%、借入額10万円以上100万円未満は年18%、借入額100万円以上は年15%が上限で、これを超える金利での貸付は無効としているので、すでに支払った超過分の利息は過払い金になり請求することで返還してもらうことができます。また、出資法では年20%を超える金利での貸付は違法としているので、業者が罰金や禁固刑などの刑事罰を受けることになります。
カードローンの金利は利息制限法の範囲で各社が自由に設定することになっており、さらに、その範囲で債権者と債務者が自由に取り決めていいことになっています。金利は経費や印紙代などを含めた実質年利で表示するのが義務となっていますが、カードローン借り換えの場合は平均して実質年利5%~18%で設定されていることが多いようです。利息以外の特別な費用は原則として発生しません。
利息は日割りによる計算になるので、計算方法は「借入残高×年利÷365×借入日数」で出せます。カードローンの金利は低い方がいいというのが通説ですが、金利が低いほど審査が厳しくなるので一様に低金利のカードローンをおすすめできるわけではありません。例えば、借入残高が少ない方、借入日数が短い方は多少高めの金利でも利息の負担はそれほど大きなものにはならないので、自分の条件で審査に通過できることが重要です。