総量規制対象外の特徴とは?

キャッシングやカードローンの利用で、頻繁に耳にするのが総量規制対象外という言葉です。総量規制対象外に関係する総量規制とは、利用者の年収に対して多額の融資を行ってはならないという法律です。
年収に対する制限とは、3分の1までです。例えば、240万円の年収の人がお金を借りるなら、3分の1である80万円までの借入れしか許されないことになります。80万円より1円でも多く融資をすれば、法律違反になります。
総量規制対象外とは、年収の制限に関係なく融資を行える方法です。年収240万円であっても、100万円でも150万円でも借りることが可能です。主に総量規制対象外の対象になるのが、銀行系のカードローンやフリーローンです。銀行系とは株式会社である銀行や、信用金庫に労働金庫、信用組合などがあてはまります。
銀行系のサービスが総量規制対象外になるのには理由があり、そもそも総量規制が貸金業法の法律だからです。貸金業法に則ってキャッシングやカードローンを提供するのは、消費者金融や信販会社です。銀行系は銀行法や信用金庫法などのそれぞれの法律に基づいてサービスを提供しますので、総量規制とは関係ありません。
年収の制限がない総量規制対象外ですので、収入証明書の提出条件が緩いというメリットがあります。消費者金融や信販会社だと少ない融資額でも求められる例が大多数です。但し、貸金業法によるサービスでも、おまとめや借り換え目的ならば、総量規制対象外カードローンが適用される場合があります。